ジャニー喜多川はハーフ?謎めいた家族や経歴を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お亡くなりになられたばかりのジャニーズ事務所社長ジャニー喜多川さんですが、話題性とは裏腹に謎めいた存在です。

そこでジャニー喜多川さんはハーフなのか?家族は?そのプロフィールに迫ります。

 

スポンサーリンク



ジャニー喜多川はハーフ?

結論から言うと、ハーフではなく生粋の日本人です。

 

お父さんは、高野山米国別院の僧侶、喜多川諦道さん。

お母さんも日本人とのことから生粋の日本人です。

学歴はロサンゼルス・シティー・カレッジを卒業後に上智大学に進学しました。

 

そんな学歴やタレントの指導にあたる際に英語を多用することから「ハーフでは?」という疑惑が持ち上がっているのだと考えます。

 

スポンサーリンク



ジャニー喜多川の本名や家族は?</h2

ジャニー喜多川さんの本名は、喜多川 擴(きたがわ ひろむ)といいます。

 

ジャニー喜多川さんは、3人兄弟の末っ子でお姉さんは、メリー喜多川さん、
お兄さんは、NASAでアポロの設計にも関わっていたという科学者だった喜多川真一さんでした。

 

お兄さんは1980年代、50代半ばの若さでこの世を去ったようです。

 

スポンサーリンク



ジャニー喜多川は英語を話せる?

ジャニー喜多川さんはお父さんの仕事の関係でロサンゼルスで生まれました。

ジャニーさんが2歳の時に帰国しますが、1947年の終戦後はご兄弟だけで再びロサンゼルスに渡り、現地の高校、大学に進学しています。

だから英語はネイティブ並みにペラペラなんですね!

現地では、自身をジャン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)
と名乗っていたことが「ジャニー」という愛称につながったのでしょう!

ジャニー喜多川の経歴

ジャニー喜多川さんは、1960年代初頭に日本国内の米軍基地で、通訳や英語教師をしていました。

その頃は近所の少年たち約30人を集めて少年野球のコーチもされていたそうです。

 

ジャニー喜多川さんは野球チームのメンバー4名と当時流行していた映画「ウェストサイドストーリー」を観に行きました。

一同、この内容に深く感銘を受けたそうです。

 

そこで、ジャニー喜多川さんは、エンターテイメント事業を立ち上げます。

この4名の少年たちをメンバーで最初のグループ「ジャニーズ」を結成します。

 

その後1962年に、「ジャニーズ事務所」が開設されたのでした。

この4名の少年達は、故・真家ひろみさん、飯野おさみさん、中谷良さん、あおい輝彦さんでした。

 

その後の活躍は白日の通り、芸能界史に残るアイドル達を発掘しています。

ジャニー喜多川はハーフ?謎めいた家族や経歴を公開!まとめ

今回はたった一代で不動の地位を築いたジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川はハーフなのか?謎めいた家族や経歴についてご紹介しました。

 

表舞台に出ることはほぼ無いながらも、タレントたちとのエピソードや伝説をいくつも残したジャニー喜多川さん。

今後も遺志を継ぐタレントたちの活躍に期待したいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク