青天を衝けの原作は?吉沢亮の抜擢の理由や1分で読めるストーリー!

シマボシ ディープクレンジングジェル 解約

2021年のHNKの大河ドラマが「青天を衝(つ)け」に決まりました!

主演は今をときめく吉沢亮さんで、TwitterやSNSで話題を呼んでいます。

 

吉沢亮さんは資本主義の父とも言われ、次の1万円札に印刷される渋沢栄一を演じる役どころです。

そんな2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に原作があるのか、吉沢亮さんの役どころ、抜擢の理由、

ストーリー、あらすじを簡単にまとめていきます!


スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に原作はある?

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」に原作はあるのか調査を行ったところ、「青天を衝け」というタイトルの原作はなく、ドラマのためのオリジナルのようです。

「青天を衝け」は、NHK連続テレビ小説「風のハルカ」「あさが来た」などを担当した大森美香さんが脚本を担当します。


スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に吉沢亮が抜擢の理由

現在は連続テレビ小説「なつぞら」にも出演中の吉沢さん。

主役に抜擢したNHKの菓子制作統括はその際に演じたキャラクターその理由があるようです。

吉沢さんの近年の映画ドラマを見て、硬軟どちらの押し合いも力強く、自在にキャラクターを作っていく演技に注目していたようです。

新しい、みずみずしい渋沢栄一、パワフルでチャーミングな渋沢栄一が生まれると期待しているそうです。

2021年は東京オリンピックが終了し、まさに日本の再出発の年。

日本の経済界の第一人者である渋沢栄一がテーマということで、吉沢さんの演技が楽しみなところですね♪


スポンサーリンク

NHK大河ドラマ「青天を衝け」のストーリー・あらすじ

「青天を衝け」というタイトルや主演が吉沢亮さんということで、渋沢栄一の若かりし頃のストーリーであることが予測でします。

「青天を衝け」というドラマタイトルは藍玉を売るために信州に旅したとき、渋沢栄一が若かりし頃に険しい内山峡で読んだ漢詩の一節『勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征』から取られたようです。

尊攘派志士から徳川慶喜の家臣、幕臣へ

5歳の頃より父から読書を授かっていたため、渋沢栄一は小さい頃から読書をして育ちました。

剣術などを学ぶなかで尊皇攘夷思想になり、倒幕に向けて動き出します。

しかし、尾高長七郎の説得で倒幕計画を中止していると志士活動が行き詰まり、徳川慶喜に使えることになります。

 

士官中は一橋家領内を巡回し、農兵の募集に携わりました。

慶喜が将軍に伴って渋沢栄一は幕臣となり、権力を強めていきます。

直後に行われたパリ万国博覧会を視察の際にはヨーロッパ諸国を歴訪、各地での先進的な産業・軍備、また社会を見てショックを受けます。

その後はパリに留学するものの、大政奉還がおこり新政府が誕生すると帰国を命じられ、1868年に帰国しました。

帰国後はフランスで学んだ株式会社制度を実践したり、新政府からの拝借金返済のために、1869年、静岡にて商法会所を設立しました。

大蔵省時代

大隈重信に説得され、その年の10月に大蔵省に入省します。

大蔵省官僚時代は民部省改正掛を率いて改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例の制定に携わりました。

その後も実力をはっきするものの、予算編成を巡って大久保利通や大隈重信と対立し、1873年に井上馨とともに退官してしまいます。

大蔵省退官後

退官後まもなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行の頭取に就任し、多くの地方銀行の設立にも携わりました。

銀行だけでなく、東京海上火災保険、田園都市、秩父セグメントなど、数多くの会社設立に貢献します。

その数は500社以上にものぼるといわれており、日本新本主義の父にふさわしい活躍をしました。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主演発表でみんなの反応は?


青天を衝けの原作は?吉沢亮の抜擢の理由や1分で読めるストーリー!まとめ

今回は、2021年のNHK大河ドラマの「青天を衝け」の原作についてや、主役渋沢栄一役に抜擢した吉沢亮さんの抜擢理由やストーリーについてご紹介しました。

ファンの皆さんの反応からも、早くも放送が楽しみなドラマですね2020年の東京オリンピック後初めてのNHK大河ドラマ。

放送を楽しみに待ちましょう!


スポンサーリンク