時代祭2019の交通規制情報は?渋滞回避のための時間と場所はここ!

時代祭2019 交通規制 渋滞回避 時間 場所

今年行われる時代祭2019は、10月15日から10月27日までで開催されます。

なかでも10月26日の時代風俗行列はたくさんの方が見に来るメインイベントです!

時代風俗行列は、約2000人の方が2キロの行列をなして行われ、とても迫力のある伝統の行事なので、当日は交通規制がかかり、大混雑が予想されます。

 

そこで今回は時代祭2019の交通規制の情報と、渋滞回避のための時間と場所を、ご紹介していきたいと思います。

お出かけの前にぜひチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

時代祭2019の交通規制のかかる日程と時間とは?

時代祭2019 交通規制 渋滞回避 時間 場所

2019年の時代祭で交通規制のかかる日にちは、時代風俗行列のある10月26日(土)になります。

次に交通規制のかかる時間帯についてですが、行列が通過する時間によって規制される場所が変更になるので、2016年の交通規制の情報をもとにお伝えしていきます。

行列は京都御所を12時に出発し、行列の通過後、交通規制が解かれて行きます。

とは言え、約2キロもの行列なので、行列が通過後から約2、3時間は交通規制が行われると思っていた方が安心です。

交通規制が行われるおよその時間を確認していきましょう!

時代祭で交通規制の行われる時間
  • 丸太町通り(寺町通り~烏丸通り間) 12:00~14:25
  • 烏丸通り(丸太町通り~御池通間) 12:10~15:00
  • 御池通り(烏丸通り~河原町通り間) 12:30~15:15
  • 河原町通り(二条通~四条通間) 13:10~15:20
  • 河原町通り~川端通り間 13:10~15:20
  • 川端通り~東大路通り間 13:30~15:30
  • 東大路通り~神宮道間 13:45~15:50
  • 神宮道(三条通り~冷泉通り間) 14:00~16:00

上記のものがおおまかな交通規制の情報になります。

基本的に行列が通過するルートは車両通行止めとなるので、お車の方は注意してお出かけください。

 

交通規制の解除は行列が通過後すぐでは無いので、渋滞が気になる方は当日は電車が安心なのではないかと思いますよ!


スポンサーリンク

渋滞回避のための時間と場所はここ!

時代祭2019 交通規制 渋滞回避 時間 場所

時代祭の交通規制や通行止めは、時代風俗行列が行われている時間帯になります。

12時から16時の間は交通規制によって渋滞が予想されますので、事前に情報を把握しておくことで渋滞を回避できると思います。

 

時代風俗行列の始まる、京都御所の最初の道路から、交通規制は解かれて行きますが、行列が行ってすぐ解除とまではいかないので、車両通行止めのところも多いと思います。

そして有料観覧席のある、平安神宮前の通りと、御池通のところが、最も混雑することが予想されます。

頭に少しでも情報を入れておくことが1番の回避になりますよ!


スポンサーリンク

時代祭2019の交通規制情報は?渋滞回避のための時間と場所はここ! まとめ

時代祭2019 交通規制 渋滞回避 時間 場所

京都で行われる時代祭2019の交通規制情報や、渋滞を回避するための時間と場所をお伝えしていきました!

時代祭のメインである時代風俗行列の行われるコースは、基本的に交通規制がかかりますので、始まる時間や、どこを通るのかなど、時間を把握しておくだけでスムーズにいけると思います。

ぜひ今回の交通規制情報を、渋滞回避などに役立てていただけたら嬉しいです!

 

こちらの記事もどうぞ!

時代祭2019のルート!穴場はある?京都の一大イベント徹底ガイド!

時代祭2019の有料観覧席の場所や料金は?当日販売情報も伝授!


スポンサーリンク