2019今年の漢字が令に決まった理由や意味は何?

日本漢字能力検定協会が毎年年末に発表している今年の漢字。

2019年も12月12日に清水寺で発表が行われました。

 

今年の漢字は「令」に決まりましたが、どんな理由や意味がこめられているのでしょうか?

さっそく調べてみました!


スポンサーリンク

2019今年の漢字の令の意味は何?

令という漢字にはこのような意味があります。

1 命令。布告。また、法令。「令を下す」「解放令」

2 古代中国の官制で、地方長官。特に、郡県制における県の長官。

3 明治初期、府・県の長官。知事の旧称。

4 鎌倉時代、政所 (まんどころ) の次官。

5 律令制で、京の四坊ごとに置かれた責任者。坊令。


スポンサーリンク

2019今年の漢字が令に決まった理由や意味は何?

では2019年今年の漢字が令になった理由はなぜなのでしょうか?

まず、今年が令和元年ということが最大の理由でしょう!

 

そして令和に込められた意味を今一度思い出すと・・・

まず令和は、万葉集にある「初春しょしゅん令月れいげつにして かぜやわらぎ うめ鏡前きょうぜんひらき らんはいこうかおらす」という文言から引用された元号です。

そして「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と意味が込められていますので、まさに令和元年このような時代の幕開けとしての決意が現れているのではないでしょうか?

 

令和の和は選ばれませんでしたが、新元号の意味をだれもが想像できる「令」という漢字に決まったのではないでしょうか?


スポンサーリンク

2019今年の漢字が令に決まった理由や意味は何?まとめ

今回は、2019年の今年の漢字が「令」に決まり、その意味や理由についてご紹介してきました。

2020年も良い年となるように、今年の漢字で盛りあがりましょう!

 


スポンサーリンク