川越宗一の大学や高校はどこ?結婚はしている?直木賞を獲得するまでの経歴!

第162回直木賞に川越宗一さんの「熱源」が選ばれました!

川越さんの出身大学や高校などの学歴やプロフィールに迫っていきたいと思います!


スポンサーリンク

川越宗一の出身大学や高校は?

1978年の大阪府生まれです。

幼少期から歴史好きで、歴史学者になりたいという夢を持っていたそうです。

 

龍谷大学文学部史学科に進学するものの、授業を休むようになり中退してしまいます。

以降はバンドで音楽活動を始め、エレキベースを弾いていました。

 

その後、川越さんはファッション通販大手のニッセンにパートタイムで働き始め、その後正社員として就職しました。

当時の佐村信哉社長の話によると、川越宗一さんは「仕事ができる」という印象ではなかったそうです。


スポンサーリンク

川越宗一さん演じるニッセンのスミスって?

川越さんがニッセン公式ツイッターのキャラクターとして情報発信をはじめたんだそうです。

そこからツイッターでどんどん人気が出てきました。

 

「ニッセンのスミス」という川越さん演じるキャラクターは軽妙な語り口で商品の紹介やお客さんの質問に回答し、

その日のご自身のエピソードなどが披露されるのも面白かったみたいですよ!

めでたくニッセンの正社員になりましたが、2018年10月12日にニッセンのツイッター担当を降ります。

川越宗一さんは、「天地に燦たり」を書かれ、松本清張賞を受賞された時は、まだ現役のニッセンの社員でした。


スポンサーリンク

川越宗一の作品への評価は?

第25回松本清張賞を受賞した当時、川越さんはカタログ通販会社に勤めており、

「小説を書きたいと思っていたわけではありません。でも、5年前に沖縄の首里城を訪れたとき物語が浮かび、頭から離れなくなってしまったんです」

と取材に語っていたそうです。

 

受賞作となった『熱源』は2作目にして直木賞だけではなく、第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞にも選ばれています。

異色の経歴にもかかわらず処女作も2作目も高い評価をされていることから、川越さんの評価の高さがうかがえます。


スポンサーリンク

川越宗一は結婚している?奥さんは?

川越宗一さんは結婚されていて、奥様がいらっしゃいます。

2015年に奥様と北海道旅行に行き、白老町のアイヌ民族博物館に立ち寄ります。

そして、そこで知ったアイヌの歴史に心奪われ、今回の直木賞の受賞作になった「熱源」が生み出されるヒントとなりました。

 

その時の北海道旅行がなければ、この本はなかったかもしれませんね!

実は、この北海道旅行は奥様からのリクエストで実現したそうです。

 

川越宗一さんの子供さんについては、いまだ不明です。

北海道旅行の2年ほど前には家族で沖縄旅行をされていますので、お子さんがいらっしゃる可能性が高いですね!


スポンサーリンク

川越宗一の直木賞受賞 祝福メッセージ

川越宗一の大学や高校はどこ?結婚はしている?直木賞を獲得するまでの経歴!まとめ

今回は2020年の直木賞を受賞した川越宗一さんについて調査してみました!

もともとバンドマンや通販会社の社員だったという異色の経歴でも話題になりそうですね!

今回の受賞作「熱源」はもちろんですが、これからの執筆活動も楽しみで仕方ありませんね。


スポンサーリンク