セルジオ・ロッシが84歳で死去!新型コロナウイルスが原因?

イタリアのラグジュアリーシューズデザイナーとして名高い、セルジオ・ロッシさんがイタリアのチェゼーナで84歳でお亡くなりになりました。

原因は新型コロナウイルスの可能性が高いとみられています。

 

ロッシさんはお父さんから仕事を学んだ後、なんと50代という年齢で靴作りを始めました。

1968年に自身の名を冠したブランド「セルジオ ロッシ」を立ち上げました。

 

日本人女性にもファンの多い、憧れのブランドとしてあまりにも有名なハイブランドの「セルジオ ロッシ」。

しかしそのデザインセンスと履き心地は抜群のもので靴で唯一、自分の足にしっくりくるのがセルジオ・ロッシだったという方や、ヒールのラインなどのデザイン、そして履いた時にアガる感じで魅力的な靴を数々生みました。

 

息子のジャンヴィト・ロッシも靴職人でこちらも高価な靴。

しかし、父親のセルジオ・ロッシの靴の方がより好きだ、といった声も挙がっています。

 

セルジオ・ロッシの靴を履くためにこれからもがんばってお金稼いで履きます!という根強いユーザーも多いです。

しかし現在世界中で猛威を振るっているコロナウイルスが天才靴職人の命をも奪いました。

高齢化とコロナとWの波が押し寄せてて悲しいですね。

 

セルジオ ロッシ社の最高経営責任者はこのように語っています。

「彼は天才だった。彼と出会えたことはとても幸せだった。彼はわれわれの精神的な支柱であり、これまで以上に現在そう感じている」


スポンサーリンク

セルジオ・ロッシが84歳で死去!新型コロナウイルスが原因?みんなの声


スポンサーリンク