母の日の由来って?子供向けに歴史を紐解く!なぜ赤いカーネーションを贈る?

母の日

5月の母の日が近づくと花屋さんには赤やピンクのカーネーションが並びますね。

スーパーやデパートには母の日ギフトが所せましと並べられています。

 

保育園や幼稚園のお子さんたちは、母の日のために、お母さんの似顔絵を描いたりカーネーションを作ったりします。

とても微笑ましい姿ですね。

 

お子さんからそんな素敵なプレゼントをもらったお母さんたちは、それはもう嬉しいに違いありません。

ところで、そんなお子さんに「なんで母の日にはカーネーションを贈るの?どうして赤じゃなきゃいけないの?」と聞かれたらどう答えますか?

 

「赤に決まっているのよ。」ではお子さんは納得しませんよね。

ここで、母の日の由来や赤いカーネーションになった訳を子供向けにやさしく説明する方法を考えてみました。

そしてその一例をご紹介しましょう。


スポンサーリンク

母の日の由来って?子供向けでもわかる歴史

母の日 由来 子供向け

母の日の由来についてこんなふうに説明するのはどうでしょうか?

皆さんのおうちにはお母さんがいますね。

 

お母さんがいると安心ですね。

お母さんがお出かけするとちょっと心細いでしょう、だからお母さんって大事な人なんですね。

 

この大事なお母さんを記念する日が「母の日」です。

この日にはこんな由来がありますよ。

 

今から100年ぐらい前にアメリカのフィラデルフィアという町に、アンナ・ジャービーという女の子がいました。

アンナのお父さんは早く死んでしまったのです。

 

それで、お母さんは一人でアンナたち子供をとてもかわいがって大事に育てました。

そればかりでなく貧しい人を助けたり病気の人を看病したりしました。

 

でもその優しいお母さんも亡くなってしまいました。

アンナは自分を大事に育ててくれたお母さんにお礼を言いたいと思いました。

母の日 由来 子供向け

そこで、アンナは1908年5月10日にお母さんが通っていた教会でカーネーションを配って、お母さんを偲んだのです。

これがきっかけとなって、アメリカの大統領のウイルソンという人が、5月の第2日曜日を「母の日」と決めました。

 

この日を「お母さんの日頃の苦労にお礼を言い、ありがとうの気持ちを表わす日」にしたのです。

この「母の日」は日本にも伝わりましたよ。

 

1915年には日本の教会でも母の日のお祝いをしました。

それから、日本中で「母の日」を記念するようになり、今でも5月の第二日曜日が「母の日」になっているのです。


スポンサーリンク

なぜ母の日は赤いカーネーションを贈るの?

母の日

母の日には花屋さんにたくさんの赤いカーネーションが並んでいるのを見たことがあるでしょう。

「どうしてカーネーションは赤じゃないといけないの?」と思ったことがありますか?

 

最初にアンナが教会で配ったのは自分のお母さんが好きだった白いカーネーションでした。

だから最初は母の日のカーネーションは白だったのです。

 

その後で、アンナのようにお母さんのいない人は白いカーネーション、お母さんが生きている人は赤いカーネーションを飾るようになりました。

カーネーションの花言葉は「お母さんの愛、感謝、尊敬」という良い意味もあります。

 

ですから、カーネーションの花は「母の日」の花としてはピッタリなのですね。

でもどうしてもカーネーションを飾らなくてはいけない、ということはありませんよ。

 

お母さんに「ありがとう。」とお礼を言う方が大事なのです。

母の日は本当に「お母さんに感謝してありがとうと言う日」にしたいですね。

 

そして、「母の日」だけではなくていつもお母さんに「ありがとう。」と言えたらもっといいですね。

お母さんもきっと喜びますよ。

 

お母さんのいない子にも配慮を母の日はとても良い由来がありましたね。

お子さんがお母さんにカーネーションを贈ったり似顔絵を描いたりして持ってきてくれたら本当に嬉しいものです。

 

でもある幼稚園では、父の日のイベントはあるのに、母の日には何もしていません。

お母さんたちは少々不満のようでした。

 

でもしばらくたってから、その年の入園児にお母さんがいない子がいたことが分かりました。

園長先生は、みんながお母さんの似顔絵を描いているときに、一人だけ似顔絵を描けない子がいては可哀そうだ思ったようです。

母の日 由来 子供向け

お母さんたちは園長先生の思いやりの気持ちに感動して、母の日のイベントがなくても誰も苦情を言わなかったそうです。

それに最近は赤いカーネーションと白いカーネーションという区別もしなくなった気がします。

 

お母さんのいない子が寂しい思いをしないで済むように配慮することも必要ですね。


スポンサーリンク

母の日の由来って?子供向けに歴史を紐解く!なぜ赤いカーネーションを贈るの?まとめ

母の日

母の日はアメリカのアンナ・ジャービーという人が、亡き母を偲んで教会でカーネーションの花を配ったのが始まりです。

最初に飾ったのはアンナのお母さんの好きだった白いカーネーションでした。

 

次第にお母さんのいる人は赤いカーネーション、お母さんのいない人は白いカーネーションを飾るようになりなした。

5月の第二日曜日を「母の日」と決めたのはアメリカのウイルソン大統領でした。

 

現在は「お母さんの日頃の苦労を労い、感謝をする日」として定着しています。

小さい子供さんにもわかりやすく「母の日」の由来を説明してあげたいものでね。

できればお母さんのいないお子さんにも配慮出来たらなおいいですね。


スポンサーリンク