母の日に50代のお母さんがもらって嬉しいものは?お母さんが笑顔になれるもの5つ!

母の日

母の日は年に一度必ずやってきます。

いくつになってもプレゼントは嬉しいものですね。

 

今回は子育てもひと段落する頃の50代のお母さんが母の日にもらって嬉しいものを厳選してお送りします!

 

母の日が過ぎても5月中であればOK!

50代のお母さんに向けたプレゼントを悩んでいる方は是非チェックしてみてください。


スポンサーリンク

母の日に50代のお母さんがもらって嬉しいもの5選!

それではさっそく厳選したアイテムをご紹介して参りましょう!

エプロン

母の日 プレゼント

毎日キッチンに立って料理や洗い物をするお母さんにとっては必需品ですね。

大変な炊事にも、可愛らしいエプロンがあればやる気も出て楽しくなりそうです。

 

ただずっと使ってほしいものなので、普通のエプロンをプレゼントするよりは、耐久性に優れているものや、撥水性が良いかまたは吸水性がいいものが喜ばれるのではないでしょうか。

 

そういう細かいところにも50代のお母さんたちはこだわるかもしれませんね。

ただ今はお母さんだけに炊事を任せてはいけませんが(笑)。

 

こちらのエプロンは天然素材なので、これからの季節もサラッと着けられます♪

和柄の扇子

母の日 プレゼント

母の日の5月はもう十分暑くなってくる季節ですね。

汗を拭くタオルをもらっても嬉しいと思いますが、変化をつけて扇子などはどうでしょうか。

 

折りたためば小さくなりますし、カバンの中にすっぽり入りますので、持ち運びは簡単です。

とても実用的なプレゼントだと思います。

 

匂いのついた扇子もありますし、持っているとお洒落でセンスが光ると思います。

最近では絵柄にモダンなものもたくさんありますが、伝統的な日本の和柄を使った扇子もおすすめです。

 

50代のお母さんにワンランク上のプレゼントをしてみるものおすすめです。

 

こちらの扇子はシルク製で上品なデザインが大人の女性らしさを引き立てます♪

花瓶

母の日 プレゼント

母の日の定番といえば、カーネーションなどのお花のプレゼントですね。

家の中にお花があるととても華やいで、気分が上がります。

 

また花瓶はどのお宅にもあるかもしれませんが、そのお花に合った花瓶を贈るのはどうでしょう。

お花はそれぞれ背の高さも違います。

 

花瓶によってもお花の見え方が変わってくると思ますし、花瓶を変えることによって新しいお花の魅力が生まれるでしょう。

何種類か花瓶があれば、毎年その花瓶に合ったお花が欲しいと催促できるかもしれませんね!

 

キントーのフラワーベースはデザインも洗練されていながら、大きくて使い勝手もいいところがポイント!

財布

母の日 プレゼント

お財布はプレゼントの定番ですね。

人それぞれ好みがありますし長年使いたいと思うかもしれません。

 

お財布は毎日使いますし傷つきやすいものです。

劣化が激しくても愛着がわき使い続ける人も多いと思います。

 

でも人からもらった財布でも大事にしますよね。

50代のお母さんに贈るお財布は少し上質なものがいいでしょう。

 

もちろんデザインも重要ですが、中身の取りやすさやどのくらい収納できるかも大事なところです。

 

それに春のお財布は縁起もので、「張る」財布と言われていますので、もらって嬉しいことに間違いありません!

 

大人の女性に大人気のATAOは長く使い続けたいシンプルなデザイン♪

お花

母の日 プレゼント

もらって一番嬉しい母の日のプレゼントはお花かもしれません。

女性はいくつになってもお花が大好きですし、もらうと笑顔になりますよね。

 

きれいなお花を見ると一気に気分が上がってきます。

それに部屋の中にお花があると気分も上がりますし家の中も華やかになります。

 

お花の種類にこだわらず綺麗なお花をプレゼントするものいいですし、お母さんの好きなお花をプレゼントするものいいでしょう!

メッセージカードをそえてあげることによって、心がこもったプレゼントになると思います。

また生花もいいですが、プリザーブドフラワーなども楽しいでしょう。

 

「遅れてごめんね!」の気持ちを込めて、母の日が過ぎても贈ることができますよ!


スポンサーリンク

母の日に50代のお母さんがもらって嬉しいものは?お母さんが笑顔になるもの5つ!

母の日

今回は母の日に贈るプレゼントを5つ厳選しててみました。

子どもたちからプレゼントをもらうことはとても嬉しいことですが、もしかすると50代のお母さんはこだわりが強いかもしれません。

 

安くても良いものはたくさんあります。

人それぞれ好みも違いますし、値段ではありませんが、少し上質なワンランク上のプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク