緊急事態宣言の延長はいつまで?休業補償はどうなるのか調査してみた!

2020年4月29日現在も継続中のコロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言。

5月6日までの予定で実施中ではありますが、感染者は増える一方の現状に延長という選択肢も出てきました。

 

もし5月6日以降も緊急事態宣言が延長されるのであれば、いつまでになるのでしょうか?

今回は気になるいつ解除されるのか?今後について調査してみました!


スポンサーリンク

小池都知事が緊急事態宣言延長を要請

東京都の小池百合子知事は、緊急事態宣言の期間について「宣言の延長をお願いしたい」と話しました。

東京都・小池百合子知事:「緊急事態宣言については、東京の場合はまだまだ厳しい状況。この宣言延長ということはお願いしたいと思う」

緊急事態宣言は来月6日が期限になっていますが、東京都内では新たな感染者が一日あたりで100人を超える日も多く、これまでに4000人以上の感染が確認されています。

特に人口の集中する東京都内では他県と比較しても桁違いの感染者が出ています。

そもそも安倍首相は緊急事態宣言を5月6日に解除するには、「最低7割、極力8割」人と人との接触を減らす必要があると言っています。

 

しかし、そこまで接触を減らすのは難しいため、緊急事態宣言の延長は避けられないのでは?と感じます。


スポンサーリンク

緊急事態宣言の延長はいつまで?5月6日以降いつ解除されるの?

5月6日以降も緊急事態宣言が続くのであれば、解除はいつになるのでしょうか?

これは明らかになっておりませんが5月いっぱいか、6月7日(日)までではないか?と考えられます。

ウイルスに有効な策もない中で、宣言解除は難しいでしょう。

半年以上の継続も現実的な数字かもしれません。

百貨店も営業自粛を続けており、このままこの現状が続けば閉店や倒産するお店も増えそうです。

この状況は、東京都などと地方では大きな乖離がありそうですね。


スポンサーリンク

緊急事態宣言延長で休業補償はあるの?

気になる点は延長した場合の補償がどうなるのか?について。

延長をするのであれば保証もセットで検討していただきたいものです。

 

もし緊急事態宣言の延長となれば、百貨店だけではなくタクシー業界や飲食店など多くの業種に影響を及ぼすことになるでしょう。

 

もし休業補償がされたとしても、国の財源だけではカバーできず地方自治体へも負担が強いられるかもしれません…

そうなると、各自治体によって財政力が違うため、地域によって保障の差が生まれてくることも考えられます。


スポンサーリンク

緊急事態宣言の延長はいつまで?休業補償はどうなるのか調査してみた!まとめ

ここえきても勢いが止まることのない新型コロナウイルスの感染者数。

この状況で緊急事態宣言解除は難しいことが予測できますが、今後どのような決定がなされるのか見守っていきましょう。


スポンサーリンク