今村夏子の大学や高校はどこ?芥川賞を獲得するまでの経歴!

シマボシ ディープクレンジング 使い方 副作用 危険性 敏感肌

第161回芥川賞に今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」が選ばれました!

今村さんは3回目の候補での受賞ということですが、出身大学や高校などの学歴やプロフィールに迫っていきたいと思います!


スポンサーリンク

今村夏子の出身大学や高校は?


今村 夏子さんはの誕生日は1980年2月20日で、広島県広島市安佐南区生まれ。

広島県内の高校を卒業後に大阪の大学を卒業していることまでは開かされていますが、具体的にどこの学校かまでは不明です。

 

卒業後は、就職はせずに、清掃などアルバイトをしていたそうで、その当時勤めていた職場で、29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、「小説を書こう!」と思いついたんだそうです。

 

もともと読書家ではなかったそうで、文章の修業もしていないという異色の作家さんです。

最初に芥川賞の候補に選ばれた際の感想も「こんなの読む人がいるんだ」と仰ったそうですので、文壇ではかなりの異彩を放っていますね!

 

デビュー後も書いていて楽しくなくて眠くなるを繰り返していたというのだから驚きです!


スポンサーリンク

今村夏子の作品への評価は?

思い付きから始まって書き上げた処女作「あたらしい娘」が2010年、「太宰治賞」を受賞します。

その後は2014年に中編の「ピクニック」を発表後はしばらく文壇から遠ざかり、2016年に新創刊された文学誌「たべるのがおそい」内で「あひる」を発表しました。

 

ここで第155回芥川龍之介賞候補に挙がりましたが落選します。

しかし同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞を受賞します。

 

2017年、「星の子」で2回目の芥川賞候補に上がりますがこちらも落選。

 

しかし、第39回野間文芸新人賞を受賞します。

そして2019年、「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞をみごと受賞しました。


スポンサーリンク

今村夏子は結婚している?夫は?

そんな今村さんですが、プライベートでは2013年にご結婚をされ、現在は大阪市内で夫と2歳の娘さんとの3人家族とのことです。

 

子育てをしながら、朝の2時半には起きて、毎日5時間は執筆活動をこなしているそうで、

プライベートを大切にしながらマイペースで筆を進めるのが今村さんのペースなのかもしれませんね。

 

なお、庄野潤三さんの長女が「今村夏子」さんですが、こちらは同姓同名の別人です。

今村夏子の芥川賞受賞 祝福メッセージ

今村夏子の大学や高校はどこ?芥川賞を獲得するまでの経歴!まとめ

今回は「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した今村夏子さんの大学や高校、プライベートに迫りました。
受賞をきっかけに一気に人気に拍車がかかりそうな作家さんですね!


スポンサーリンク