渋谷ハロウィン2019のゴミはどうなる?翌日のゴミ拾いやボランティアについて!

渋谷 ハロウィン ごみ 2019

渋谷ハロウィン2019の日が今年も近づいてきました!

渋谷ハロウィンは『渋ハロ』ともいわれ、近年100万人もの人々が集い、コスプレ衣装を着て渋谷の街を練り歩いたりして盛り上がりを見せています。

渋谷の街が人であふれ、交通規制が行われ、警察官や機動隊まで大量に動員されるこの大イベント、ニュースでもご覧になったことありますね。

実はそこで、恐ろしい山のようなゴミが捨てられている事を皆さんはご存知でしょうか。

食べ物やコスプレ衣装等で渋谷の街が汚れたごみの山になってしまうのです。本当に事態は深刻な問題を抱えています。

このように、渋谷ハロウィンは、毎年ゴミ問題が取り上げられ、沢山の人々が解決に奔走しています。

一体だれが綺麗に掃除しているのか、燃えないゴミなんかもあって費用は誰が支払っているのか、リサーチしてまとめましたので、是非最後までお付き合いください。


スポンサーリンク

渋谷ハロウィン2019のごみ問題

渋谷 ハロウィン 2019 ゴミ

渋谷ハロウィンは100万人もの人々が渋谷に集まって行われる大きなイベントで、主に内容といえば、アニメや有名キャラクターなどの衣装に着替え、食べたり飲んだりしながらみんな大騒ぎしています。

そしてその飲み食いしたゴミ、コスプレ衣装までもその場に捨ててしまっているようです。

これが渋谷ハロウィンのごみ問題です。

どうしたことか、ゴミの持ち帰りのマナーは見られませんし、集まる人数が増えれば増えるほどゴミの山も増えて行きます。

渋谷ハロウィンの経済効果は1000億円!といわれ近年のホワイトデー等の定番イベントを大幅に超えているそうです。

その分ゴミも集まってしまうわけで立派な社会問題となっています。

渋谷ハロウィンが終わった後、ハロウィンに出ていない人が沢山掃除しています。それは、え?なんで?って思ってしまうような光景にも見えます。


スポンサーリンク

渋谷ハロウィン2019のごみ問題 東京都の対策は?

渋谷ハロウィン 2019 日程 時間

エスカレートしていく渋谷ハロウィンの盛り上がりで付随する、ゴミ問題に対し、東京都はいくつかの対策を行っています。

例えば、ハロウィンといえばカボチャなので、カボチャの模様のごみ袋の配布、ゴミ集めステーションの設置、そして沢山のお掃除ボランティアの募集といった感じです。

特設サイト:https://andtokyo.jp/halloween/

2016年には上記の特設サイトにもありますが、無料で配布されるカボチャ柄のゴミ袋を用意しています。

かなりの量になりますね。

2019年にはどういった対策が取られるのか、是非渋谷ハロウィンのサイトで確認してくださいね。

これらの取り組みのおかげで、2016年度は例年よりは、ゴミの量が減少したそうです。

しかし、民間企業、団体や自治体などがかなり出資しており、数百億円もの資金がかかっていると言われています。

警備してもらう費用、ゴミ袋の準備など、嘘でしょう?と思われるような金額がゴミ処理にかかっています。

しかも対策が、ゴミを減らす取り組みにはなっていないので、コストは減りません。

渋谷ハロウィンのごみ問題は、カボチャのゴミ袋でごみ拾いする等の、東京都の対策だけでは解決は難しいようです。


スポンサーリンク

渋谷ハロウィン2019のごみ問題 ごみの種類は?


ここで渋谷ハロウィンのゴミの中身について、どのような種類が実際捨てられてゆくのかランキングの統計です。

 

渋谷ハロウィンのゴミの種類ランキング

第1位:缶

第2位;ビン

第3位:包装袋

第4位:タバコ

第5位:テイクアウトの商品

第6位:ペットボトル

 

ランキングを見ると、主に飲み食いしたゴミなのがわかります。

飲んだお酒やたばこのゴミのポイ捨てはまだ無くなって居なかったのです。

お酒も入り、ハロウィンに参加したときだけは無礼講でいいと思ってしまっているのでしょうか。

これらの原因として、ゴミ箱の設置対策があげられるでしょう。

セキュリティの問題もありますがハロウィンの日だけ設置してもいいのかもしれません。

またコスプレ衣装も大量に捨てられています。

此方にたいしては、転売するなどの対策が考えられているようです。

身勝手に捨てられたこれらのゴミを掃除してくれているのは、ボランティアスタッフや様々な団体、渋谷ハロウィンの会場となった周辺の店舗の従業員になります。


スポンサーリンク

渋谷ハロウィン2019のごみ問題 キンコン西野のプロジェクト


渋谷ハロウィンのごみ問題である出来事以来、風物詩となっているのがキンコン西野のお掃除プロジェクトです。

これは2015年に、お笑い芸人キングコングの西野が「SHIBUYA Halloween ゴーストバスターズ」を立ち上げ、お掃除ボランティア500人を募りました。

しかし、西野を嫌いな人々がそれを成功させない為に、その前に自分たちで渋谷の街をピカピカに掃除してしまったのです!

結局、西野さんのおかげで渋谷の街は翌日の朝には綺麗に掃除されてしまったわけです。

西野さんは本当は好かれているようにも思われますね。

その後も毎年プロジェクトへの期待値は大きく、西野さんには是非、渋谷ハロウィンが廃止にならないように頑張ってほしいですね。


スポンサーリンク

渋谷ハロウィン2019のゴミ問題まとめ

渋谷ハロウィンのごみ問題は、一人一人がゴミ袋持参が常識になってくれるといいのですが、お酒も入り、我を忘れて大騒ぎしてしまうイベントですので、中々徹底は難しいようです。

ただゴミを道端に捨てるからには、それを片付ける人がいて、コストがかかるという知識は大人ならば必要なのではないでしょうか?

経済効果よりごみ処理費用の方が費用が上回りそうで、非常に悲しい大赤字のハロウィンに参加して楽しくないですよね。

イベントとして成立しないです。

取りあえずカボチャのゴミ袋でゴミ拾いするようにしましょう!

渋谷ハロウィンのごみ問題についてもう一度じっくり考えていただいて、とても楽しく気持ちよくをスローガンにイベントを盛り上げていって欲しいですね。


スポンサーリンク