石崎ディレクター(石崎D)の年収はいくら?イモトアヤコとの差はいくら?気になる真相に迫る!

『世界の果てまでイッテQ』で珍獣ハンターとして活躍中のイモトアヤコさんが番組ディレクターである石崎史郎ディレクター結婚を発表しました!

11月24日緊急生放送されたイッテQ番組内で

イモトアヤコさんが石崎デ発表されたわけですが、放送前から大変な話題となっていました。

お相手の石崎ディレクター(石崎D)はイモトさんの8歳上となりますが、年収や収入はどのくらいなのか?気になるところですよね。

今回は「石崎ディレクターの年収や収入」にスポットを当て迫っていきましょう!


スポンサーリンク

石崎史郎ディレクター(石崎D)の収入や年収は?

さっそく石崎ディレクターの年収について迫っていきましょう!

しかし年収は完璧な個人情報ですから、あくまでも推測にしか過ぎないことをご承知おきください。

 

石崎ディレクターは株式会社コールというテレビ制作会社の社員です。

日本テレビの社員かと思いきや違うんですね!

 

バラエティ番組の制作をメインになさっているようです。

日本テレビの「世界の果てまでイッテQ」や「ヒルナンデス」の2本をが有名なところです。

タレントとも付き合いが深そうですね。

 

この2番組以外にも番組を制作していることが考えられますし、人気番組の制作にメインで関わっている石崎ディレクターの年収も十分であることが予測できますね。

 

さて、ディレクターの年収ってどのくらいになるのでしょう?

ディレクター業の平均年収を紹介しているサイトがあったので引用します。

キー局テレビディレクター:1200万円~1500万円
地方局テレビディレクター:900万円~1000万円
番組制作会社テレビディレクター:550万円~700万円
フリーテレビディレクター:200万円~1000万円以上

テレビ局員かどうかでだいぶ年収が変わってきますね!

石崎ディレクターは番組制作ディレクターですので、550万円~700万円ということになりますね!

 

しかし、『世界の果てまでイッテQ』は日本テレビの日曜日のゴールデンタイムに放送される大変人気の番組であり、自ら番組に出演して半分タレントのような立場であります。

また、年齢的にも出世が期待された会社の屋台骨であることから、年収は1,000円を超えていくことは容易に想像できますね!

 

キーテレビ局のディレクターの1,200万円~1,500万円に近い1,000万円~1,300万円程度はあることが予想できます。

一年の半分以上をイモトアヤコさんに同行して取材を続けているという点でも評価されているはずですから、ボーナスや手当という形でさらに高給であることも想像できますね。


スポンサーリンク

石崎史郎ディレクター(石崎D)とイモトアヤコの収入の格差は?

妻となるイモトアヤコさんの年収はどのくらいなのでしょうか?

イモトさんのギャラは1回の番組出演につき、30万円~50万円程度ではないかという話です。

 

このうちタレントさんに入るお金は50%程度だったとして30万円の15万円、

イッテQの番組出演だけでも1か月で4回となるので、年間では720万円となります。

 

他にもイモトさんは様々な番組に出演されていますので、500万円年間に加算されるとして、1,220万円ほどの年収に。

石崎ディレクターの年収が1,300万円として、二人の差は80万円とそんなに変わらない結果となりました。


スポンサーリンク

石崎ディレクター(石崎D)の年収はいくら?イモトアヤコとの差はいくら?まとめ


今回は、『世界の果てまでイッテQ』出演をきっかけに交際・結婚に至ったイモトアヤコさんと石崎ディレクターの年収について調査しました!

ファンの間でも「二人は付き合っているのでは?」という噂も多く、結婚発表に喜びの声が本当に多い二人でもあります。

番組継続はもちろんですが、末永く幸せを育んでほしいですね!


スポンサーリンク