FM PORT(エフエムポート)閉局・放送終了で遠藤真理さんの活動はどうなる?

2020年3月31日、新潟県民エフエム放送FMPORT(エフエムポート)が経営悪化により2020年閉局6月末日で閉局することが決まり、公式ツイッターではこのようなつぶやきがされました。

エフエムポートが閉局に至った理由はこちらの記事でご紹介しています。

新潟のFM PORT(エフエムポート)が閉局・停波!放送終了の理由とは?

 

番組の司会を務めるナビゲーターのなかでも人気なのが、朝の番組『モーニングゲート』でナビゲーターを務める遠藤真理さん。

歯に衣着せぬ思い切った物言いや、独自の番組進行で根強いファンを集めている人気ナビゲーターです。

 

遠藤真理さんファンが気になっているのは、7月以降の遠藤さんの動向です。

遠藤さんの活躍は7月以降どこで見れるのか?イベントなどで触れ合う機会があるのか?

気になるところをご紹介します。


スポンサーリンク

エフエムポート閉局・放送終了で遠藤真理さんの活動はどうなる?

まだ閉局が発表されたばかりですので、もちろん具体的な今後の活動に関して明らかにはされておりません。

しかし、新潟県内の人気もナビゲーターとしてのキャリアも申し分ない遠藤さん。

 

毎週月曜日から金曜日の朝の放送を担当していた時間的拘束が解ける分、他のお仕事も引く手あまたでしょう。

今後はどのような活動を行っていくのでしょうか?

ラジオパーソナリティ

新潟県には、FM新潟やBSNラジオなど大きいラジオ局もあれば、地域の小さなFM局などが数多く存在します。

ラジオパーソナリティとして新潟県内ではトップクラスの人気を誇る遠藤さんですし、看板番組ができればファンやリスナーは一気に増えることでしょう!

 

遠藤さんが朝の番組を担当されて、もう10年以上のキャリアがありますので実力も申し分ありません。

公開放送などを行っても盛り上がることは間違いないですね!

イベント開催

エフエムポートのナビゲーターと言えば、リスナーと過ごすイベントを主催することでも知られています。

代表的なのは、毎年夏に開催される島村仁さんの『ジンロックフェスティバル』、立石勇生さんと行く佐渡島のサイクリングツアーなどです。

 

遠藤真理さんも趣味のお酒をリスナーと一緒に飲むトークショーや寺院巡りをリスナーと行うツアーなど、過去に行ってきました。

いずれも満員になる事が多く、満足度が高いことは明らかです。

こういった経験を生かしてともに旅するツアーなどを旅行会社と行う可能性もありますね!

執筆活動

遠藤真理さんはラジオパーソナリティをメインにこなしながらも、今までに本を2冊出版しています。

遠藤真理さんの著書
  • 自望自棄~わたしがこうなった88の理由(わけ)
  • 自業自毒 平成とわた史

どちらも独特のセンスと切り口で書かれたエッセイは、唯一無二の世界観を表現しています。

 

2冊の本を出版していますが、新潟県内で流通している情報誌『キャレル』では“四畳半日記”というエッセイも連載しています。

モーニングゲートのナビゲーターの仕事が終了すれば執筆の時間も増えますので、話す活動以外の執筆活動にも尽力されるのではないでしょうか?

全国進出も?

地方都市新潟でファンや支持を得た遠藤さん。

現在はエリアを選ばずにラジオ視聴ができるインターネットサービス“radiko”も存在します。

そのため、新潟のファンを引き連れての全国のラジオ局への進出も可能です。

他の県のラジオ局で番組を担当する可能性もありそうですね!


スポンサーリンク

エフエムポート閉局・放送終了で遠藤真理さんの気になる活動まとめ

新型コロナウイルスが猛威を振るう3月末日、新潟県のエフエムラジオ局から驚きの発表がされました。

開局から20年目の節目を迎える直前での閉局は、根強いファンからショックの声があふれています。

 

なかでも人気を博した遠藤真理さん。

7月以降もどこかで活躍が見れるよう、6月末の閉局まで応援していきましょう!


スポンサーリンク