朝乃山とキャバクラ報道の新聞記者はスポニチ相撲担当Xとは?記事執筆の過去も

朝乃山 キャバクラ

大関・朝乃山関が緊急事態宣言中に神楽坂のキャバクラに通っていたことが発覚し、話題になっています。

急遽休場が発表された朝乃山関ですが、一人ではなく同伴者がいたようで、それがスポーツニッポン(スポニチ)の相撲担当では?という疑惑が上がっているのです。

 

しかも過去に朝乃山関の記事を執筆しているXという記者。

朝乃山とキャバクラへ行ったという報道の、スポニチ相撲担当の新聞記者Xとはどんな人物なのでしょうか?

 

気になる話題について詳しく紹介して参ります!

大関・朝乃山が緊急事態宣言中に神楽坂のキャバクラ通い発覚!

当初「行っていない」と事実を否定していた大関・朝乃山関ですが、一転事実を認めたようですね。

この件を受けて、12日目から休場が発表されています。

 

2021年の大相撲五月場所で番付最高位にいる朝乃山のニュースには大きな波紋を呼びそうです。

朝乃山とキャバクラ報道の新聞記者はスポニチ?

朝乃山関が話題の中心となっていますが、週刊文春では一緒にキャバクラに訪れ、記者を恫喝したという人物もあげられています。

 

取材の車に気づいて無理やりドアをこじ開けたという男性は、

「お前ら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねぇんだよ」

と凄んできたというのですから、もしやそっち系の人?と驚きますよね…!

 

しかしなんとこの男性、スポーツニッポンの相撲担当の記者。

週刊文春によると、名前は宗野周介という40代の記者ではないか?という疑惑です。

 

もともとプロゴルファーを目指していながら、スポニチに中途入社し、東京本社事業局事業部などに所属。

現在は相撲の記者を担当し、朝乃山関とはもともと仲の良い間柄だったようで、いくつか相撲の記事も手掛けていたんだとか。

相撲協会を批判する記事も?

宗野周介氏は2020年3月26日のスポニチウェブ版で朝乃山関に関する記事を執筆しています。

朝乃山関のお酒の飲み方や気風の良さを紹介した記事で、豪快な姿も魅力的と締めくくっています。

 

きっと普段から朝乃山関とべったりなんだろうな、というのがわかるような文章で、今読むと違和感さえ覚えますね。。

 

しかも段目力士・勝武士関がコロナに感染し、帰らぬ人となった2020年5月にはこのことに関して記事を執筆。

この記事は、勝武士関の容態を公にしなかった相撲協会を批判する内容となっています。

 

しかも朝乃山関とキャバクラに行ったことは認めてないというのですから、往生際が悪い気がしますね…!

朝乃山の緊急事態宣言中に神楽坂のキャバクラ通い発覚でファンの声

朝乃山とキャバクラ報道の新聞記者はスポニチ相撲担当Xとは?記事執筆の過去もまとめ

今回は、大関・朝乃山が緊急事態宣言下の時期に、神楽坂のキャバクラ通いが報じられたニュースについて紹介しました。

場所中で休場が発表され非常に残念なニュースですし、今後の処分が気になるところです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください